ゴミ箱

日記

2017/04/09

祖母がガンで入院しているので面会のために昨日実家に帰ったわけだが大酒を飲みふらつきながら自室で中原昌也の作業日記を読んでいるときにふとこんな日記をつけてもどうしようもない、ということに気が付いた。もともと「日記の魔力」に触発されなんとなく人に読まれない形で書いていたがあんな本は所詮自己啓発本に過ぎず、作業日誌のようなどうしようもなさの方がもう確実に自分に合っている。ということでそういうことにする。祖母はたいへん弱っていました。俺はエチラームでぶっ飛んでいたので貯金から3万おろしソープで2度射精しました。